Top >  インバーターとは >  インバータの用途

インバータの用途


一口にインバータと言ってもインバータの応用範囲は幅広く、それぞれの分野におけるインバータ回路と他の用途におけるインバータ回路とはお互いに全く異なるものである。応用面を大きく分けると、モーター制御、DC-ACインバータ、DC-DCコンバータ、放電ランプ用安定器、その他となる。

モーター制御
インバータによる交流電動機の可変速・可変トルク制御 - 可変電圧可変周波数制御(VVVF制御)
エレベータ、ポンプ、ファン、電車、電気自動車、エア・コンディショナー、冷蔵庫など
電源装置
無停電電源装置(UPS)などの電力補償装置 - 一定周波数・電圧の交流を連続的に発生。静止型インバータ(SIV)とも
工場などで使用される機機類、サーバー、パソコンなどのバックアップ電源装置
放電灯安定器
蛍光灯の高周波点灯
照明器具、液晶ディスプレイのバックライトに使用される冷陰極管の点灯用など
その他
誘導加熱(IH) 用高周波電力発生装置
IH調理器、電子レンジ

関連エントリー

DC-ACインバーターについて
インバータの用途
インバータ装置
インバータとは