Top >  インバーターとは >  インバータ装置

インバータ装置


直流電力を交流電力に変換する装置の他に、交流電力を別の大きさ、周波数、位相の交流電力に変換する装置にインバータが使われる。一旦、交流電力を整流器で直流電力に変換してから、再度インバータで交流電力を作るものである。日本においては、このような整流器とインバータを組み合わせた電力変換装置についても、その全体をインバータと呼ぶことが多い(産業用インバータなど)。また、電力を変換する装置という意味でコンバータと呼ばれることもある。

関連エントリー

DC-ACインバーターについて
インバータの用途
インバータ装置
インバータとは